お腹を壊したときのごはん 

通りすがりの小学生の会話(2か月ほど前)

「マツオはまだ腹踊りやってるのか?」

「うん、毎日!」

「そうか〜マツオは腹踊りしかできないもんな。はははは!」

 

ーーーーーーーーーーーーーー

拝啓 木枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今でも腹踊りをしているのでしょうか。

腹踊りしかできないあなたのことですから、今日もきっと腹踊りをなさっているのでしょう。

しかしいくら「腹踊りのマツオ様」でも、この寒さではいつおなかを壊してもおかしくありません。そこで、おなかを壊したときのごはんをご提案したいと思います。

お腹を壊されましたら、お母さまに作っていただくといいでしょう。

 

〇くたくたに煮込んだねぎうどん。

1.だし汁に長ネギとうどんをいれて、くたくたになるまで煮る。

2.いつもより薄めに、塩や醤油で味付けする。

お腹を壊したときは、超~薄味でちょうどいいみたいです。

ねぎには血行をよくして身体を温める効果があるので、きっとお腹にじんわり効くでしょう。疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を助ける働きもあるそうです。すこし元気になりましたら豚肉を入れてあげると、体力回復に一役買ってくれることでしょう。

 

〇大根がゆ

大根と米の甘みが、弱った身体にしみわたります。

こちらは「胃弱メシ」という漫画に載っていました。

この漫画好きです。身体の調子を整えたいなぁ~というときはこの漫画を参考にします。

r.gnavi.co.jp

すこしでもマツオ様の腹踊りライフに貢献できれば幸いです。

それではどうか、お元気で新年をお迎えください。

敬具

マツオ様

ーーーーーーーーーーーーーー